薄毛の原因

頭皮のアブラが原因で薄毛にはならないけど、頭皮ケアは大切な話し

シャンプー

女性は毎日シャンプーしなくても大丈夫だと思いますが、男性の場合は毎日シャンプーするのが頭皮ケアの基本です。

まぁ、頭皮のアブラがどれだけ多くても、全くおざなりなシャンプーをしていたとしても、また頭皮をゴシゴシ洗っていても、薄毛にならない人はなりません。

テレビCMでは今だに頭皮のアブラを取れば、髪が生える、髪が太くたくましくなるといった情報を流しています。それを信じて多くの人が購入して使っています。

本当に頭皮のアブラが薄毛の原因なのでしょうか?

毛穴の汚れで薄毛になるのなら、なぜ、後頭部の下や耳の上(側頭部)の毛は薄く、細くならないのでしょうか?

脂(アブラ)が多いから薄毛になるわけではないですよね。

薄毛の原因の多くは男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)だということが、このことから分かると思います。

とはいえ、頭皮ケアは育毛・発毛にとっては、とても大切なことなのですよ。

今現在最も効果が高いと言われるフィナステリド(プロペシア)やミノキシジルを使っても思うような効果がでない理由の一つが、頭皮が荒れているということです。頭皮環境が悪いと、どんな効果的なことをやってもマイナス要因になるのです。

育毛剤は元々効果が穏やかで、予防的な意味合いで使うものですが、こちらも頭皮が荒れていると、何の意味もなくなります。それだけ頭皮の状態が良い悪いで違ってくるんですね。

シャンプーによる頭皮ケアは、本当に大切なのですが、シャンプーだけで発毛効果があるということはありません。アブラを取ったからといって薄くなった髪が復活するわけでもないのです。

何度もいいますが、やはり薄毛の原因の根本である活性型男性ホルモンのジヒドロテストステロンの還元酵素5α-リダクターゼ(特に2型)を抑制するフィナステリドが、今最も有効な薄毛対策になります。それにプラスして血管拡張剤であり、毛乳頭細胞を活性化させるミノキシジルとの併用が効果を上げる方法です。

ですが、薄毛の人の多くは頭皮に炎症があります。この炎症を抑え、正常な頭皮環境にするためには、毎日のシャンプーなどの頭皮ケアが大切ですね。

正しいシャンプー法って、どんなのだろう?と思っている人も多いと思います。それは次回にでも書いてみます。あなたは、ゴシゴシ洗いをしていないでしょうね?頭皮を揉む髪様シャンプーがいいのか?最近は顔の延長という考えで、優しく撫でるような方法を推奨している人もいますよね。

そんなところも書いてみたいと思います。

ABOUT ME
アバター
マスター圭介
ヘアサロン、フェイシャルエステサロンを経営しています。育毛・発毛にもチカラを入れていますので、髪のプロ視点での悩みの解消に役立つ情報をお届けします。