AGA

自毛植毛が確実な薄毛改善法だけど

前髪の生え際

AGA対策というと最近はミノキシジルと・プロペシア(フィナステリド)が最も効果がある方法と言われていますが、自毛植毛というのをご存知ですか?

TVCMではあまり見ないので知らない方も多いようですが、植毛は聞いたことがあると思います。

植毛には人工植毛というのもあるのですが、自毛植毛は、自分の毛束を薄い部分に移植するものです。

男性型脱毛症の原因である男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)の影響を受けない後頭部から側頭部は薄くなりません。

歳をとっても薄くならない部位を生え際や頭頂部に持ってくるのです。

かつて、自毛植毛というと、定着率が悪いイメージがあったのですが、技術の進歩は凄まじく、今では95%以上の定着率をほこるほどになっています。

自毛植毛の種類について

自毛植毛

自毛植毛は、毛包単位で移植するFUTという植毛法が世界標準になっています。

主に後頭部の毛髪を皮膚ごと採取し、2~3本の毛髪集合単位で株分けをします。

※毛髪集合単位とは、フォリキュラーユニット(FU)と言います。毛穴の中にある毛髪は1本ずつ生えているわけではなく、2、3本、中には一つの毛穴から4本生えているものもあります。

なお、最近はFUE(くり抜きグラフト採取)というドナー採取法が人気を得ています。

移植片として長細くドナー株を採取するFUTと違って、くり抜き用パンチ等を使って毛包単位でドナーを採取するのがFUEです。

FUEとは、Follicular Unit Extractionの略称。

FUTはドナーを採取する際に、メスを使って帯状に切り取るストリップ法とも言われる手法で傷跡を縫う必要があります。ドナー採取部に線状の傷が残ります。

FUEはメスを使わないので、傷跡を縫う必要はないため、ほとんど目立たなくないというメリットがあります。

また、FUEは一回で広範囲の移植ができないというデメリットがありましたが最近はFUE技術をさらに進化させたアイランドタワークリニックのi-direct法等が確立され、4,000グラフト程度の広範囲なメガセッションも可能となりました。

最近の技術の進歩はすさまじいですよね。

ARTAS(アルタス)というロボットによるグラフト採取法もテレビで紹介されていました。

植え付け・移植法

植え付け移植

移植する部位に細いメス等で、1~2ミリ程度の小さな切れ目を入れるスリット方式とサイズの違う数種類の植毛針を使って、穴開けと植え込みを同時に行うニードル方式を行うクリニックがほとんどです。

また、特殊な空気圧を利用した植え付け法も最近行っているクリニックも増えていて、日進月歩で新しい手法が開発されています。

1~2本毛(マイクログラフト)は、生え際の移植に、3~4本毛(ミニグラフト)は、頭頂部などに移植します。

植毛した毛髪は一旦抜けた後新しく生えてきますので、目に見えて生えてくるのは半年ほどかかりますが、普通の毛髪同様に伸びてきます。またヘアサイクルで抜けてもまた生えてきます。後頭部と同じ性質で引き継がれるので、生え続けるのです。

生え際の2cm幅のラインで、80万から100万ほどの費用がかかるのですが、あとのメンテナンスが全く必要がないのは利点ですね。

自毛植毛の最大の欠点としては、ドナーを採取した後頭部には分かりづらいとはいえ、傷跡が残ります。なので、坊主や上まで刈り上げるような短髪には出来ないことです。

さらに植毛手術後は、1~2週間はかさぶたがひどい状態になるのも欠点と言えるでしょう。

とはいえ、今ある最も確実に毛が増える方法が自毛植毛なのは確かです。

しかし、多くの人は、育毛剤や医薬品で自宅でなんとかしたい、もしくはAGA病院で治療してもらいたいのはないでしょうか。

ABOUT ME
アバター
マスター圭介
ヘアサロン、フェイシャルエステサロンを経営しています。育毛・発毛にもチカラを入れていますので、髪のプロ視点での悩みの解消に役立つ情報をお届けします。
あわせて読みたい