髪が薄いと悩むなら頭皮ケア プラスアルファな実践を!

最近、10代、20代でも髪が薄い悩みから育毛剤やシャンプーを使っている人が増えています。
しかし、薄毛が止まるどころか、かえって頭皮環境を悪化させている方も多くなっているのが現状です。

 

それは、商品の選び方に問題があるのかもしれません。また、間違った使用方法によることかもしれません。
頭皮環境が良くないと育毛剤の有効成分は浸透しません。つまりただ振りかけているだけで何の効果も現れません。

髪が薄いと悩むなら頭皮ケアをまずは考えましょう

薄毛の方の頭皮は、毛穴も詰まり気味になっています。
それには育毛シャンプーを使って頭皮ケア用のシャンプーマッサージを行います。
それでも頭皮の角質が厚くて太い場合は、別に角質を剥がすスカルプケアが必要です。

 

育毛シャンプーの本来の意味とは

最近、テレビのコマーシャルを見ると、あたかもシャンプーで毛が生えるというようなイメージを持たせています。
シャンプーなのに育毛剤と思っている方がいるのも事実です。
現にセンブリエキスが入っているシャンプーも多いのですが、それだけでは発毛効果が上がることはありません。

 

育毛シャンプーの本来の意味は、頭皮の汚れを落とし、かつ保湿を失わない潤いのある頭皮を目指すことです。
また、皮脂をきれいサッパリとってしまうことでもありません。余分な皮脂は汚れや毛穴を詰まらせたり、酸化して角質が厚くさせてしまいますが、取り過ぎても逆効果になることがあります。